私たちは自分にくつろぐことができます。そして、励まし合い助け合い認め合い今日一日を共にくつろぐことができます。それは、普段、意識から独立している無意識の脳機能を意識によってコントロールすることです。眼に見える何ものも言語化、価値判断をしていない一日をつくってみることです。そこに価値判断がなされないからこそ、全体が浮かんできて、「考える」や「連想」ではなく、明らかに「今ここ」のリアルな私の体験ができる一日です。

この日は、一日を独立した日としてみることができたり、昨日に今日を積み重ねない日であったり、毎朝、初心で向き合うことができたり、永遠のような今を感じたり、お蔭様や目に見えないくつろぎの冥福を感じることができます。

このように、思考の分別をする主観的な見方による雑念の暴走を止めて、物事が頭に自然と浮かんでくるままに気づいている、本当のあるがままのことを見ることができる自分をつくるのが無我の体験です。無我は自制心を養い、自制心は持続力を生み、持続力は継続力を生むおされています。そして、継続力は努力を生み出して、他人の利益を考えることができます。そして、自分が世の中をどのように変えていけるかを把握していくアイデアが湧いてきます。

また、主観を排し、自分がどういう者かをあるがままに見る自分が「自己認知力」となります。そして、この自己認知力は共感力を養い、この共感力こそが利他の精神や供養の精神につながっていきます。私たちひとり一人は、それぞれの心の奥底の無意識(阿頼耶識)の生み出した世界を認識していると考えられます。そこで、他人と共通の客観世界があるかのごとく感じるのは、他人の無意識(阿頼耶識)の中に自分と共通のDNA(種子)が存在するからであると考えられます。今日を共に生きましょう。

 

​どうぞ、お気軽にご参加、ご相談ください。

定例法要と体験行事

毎月

  1日   7時~峰入り

  3日 19時~傾聴庵今小屋

  6日   7時~滝入り

  8日 7時~病気平癒祈願(薬師如来縁日)

10日 7時~瞑想会

11日 7時~峰入り

15日 7時~先祖供養(阿弥陀如来縁日)

16日 7時~滝入り

18日 7時~食材供養(観世音菩薩縁日)

19日 7時~動物供養(馬頭観音縁日)

20日 7時~瞑想会

21日 7時~峰入り

24日 7時~水子供養(地蔵菩薩縁日)

26日 7時~滝入り

28日 11時~護摩供祈願(不動明王縁日)

30日 7時~瞑想会

31日 7時~峰入り

*峰入り~聴行庵~金ガ燈篭山~愛宕権現社~聴行庵 全7km(参加費1,000円~)

*滝入り~滝の観音教順寺 西区己斐上(参加費1,000円~)

*瞑想会(参加費1,000円~)

​*供養、祈願冥加料 3,000円~

*護摩供祈願(護摩木200円/本)

​*企業研修、子どもサークルもお気軽にご相談ください。